長崎・平戸連続殺人

長崎・平戸連続殺人長崎・平戸連続殺人
590円(税込)
ミステリ小説広済堂文庫 著者:峰隆一郎出版社:廣済堂出版サイズ:文庫ページ数:343p発行年月:2002年12月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)長崎県平戸の切支丹寺で男が刺殺され、現場に居あわせた女がそのショックで記憶を喪失する。警察の必死の捜査にもかかわらず、被害者の身辺から犯人を知る手掛かりは得られない。東京で事件の調査を依頼された栢(かや)次郎は長崎で捜索を進めるが、目撃者の女の身元さえもわからない。依頼人が栢に語った、十五年前の切支丹寺での出来事とは!?殺された男はそのことに関わり、さらに一人、千葉で同じ手口によって男が殺害されていた—。オラショの響きに忌まわしい過去が甦り、新たな犠牲者が出る!心震える長篇旅情サスペンス。【著者情報】(「BOOK」データベースより)峰隆一郎(ミネリュウイチロウ)1931年、長崎県佐世保生まれ。日大芸術学部中退。雑誌ライターを経て、79年に「流れ潅頂(かんじょう)」で問題小説新人賞を受賞。以後、時代小説、推理小説を多数著し、人気作家となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 小説・エッセイ> 日本の小説> 著者名・ま行
さらに詳しい情報はコチラ≫

不連続殺人事件改版

不連続殺人事件改版不連続殺人事件改版
539円(税込)
角川文庫 著者:坂口安吾出版社:角川書店/角川グループパブリッサイズ:文庫ページ数:329p発行年月:2006年10月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)戦後間もないある夏、詩人・歌川一馬の招待で、山奥の豪邸に集まったさまざまな男女。作家、詩人、画家、劇作家、女優など、いずれ劣らぬ変人・奇人ぞろい。邸内に異常な愛と憎しみが交錯するうちに、世にも恐るべき、八つの殺人が生まれた!不連続殺人の裏に秘められた悪魔の意図は何か?鬼才安吾が読者に挑んだ不滅のトリック!多くのミステリ作家が絶賛する、日本推理小説史に輝く傑作。第2回探偵作家クラブ賞受賞作。【著者情報】(「BOOK」データベースより)坂口安吾(サカグチアンゴ)明治39年(1906)、新潟生まれ。東洋大学印度哲学科卒業。昭和21年に発表した『堕落論』が反響を呼び、続く『白痴』によって太宰治、織田作之助らとともに新文学の旗手として文壇に特異な地位を築く。昭和30年、脳出血により48歳で急逝(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 小説・エッセイ> 日本の小説> 著者名・さ行
さらに詳しい情報はコチラ≫

Death note another noteロサンゼルスBB連続殺人事件

Death note another noteロサンゼルスBB連続殺人事件Death note another noteロサンゼルスBB連続殺人事件
1365円(税込)
著者:西尾維新/大場つぐみ出版社:集英社サイズ:単行本ページ数:168p発行年月:2006年08月この著者の新着メールを登録する<漫画、映画、そして小説へ。衝撃は増幅する。>2002年7月から8月にかけて起きた「ロサンゼルスBB連続殺人事件」。FBIも動かなかったこの事件に、Lはどうして動いたのか。そしてFBIを停職中だった南空ナオミに、なぜ協力の依頼を?誰も知らない、もうひとつの物語。   あなたはLの伝説(ノート)を見る!◆西尾維新作 ×××HOLiC はこちら!【内容情報】(「BOOK」データベースより)原作大場つぐみ・小畑健、両先生が熱望した奇跡(コラボレーション)。「あなたはLの伝説(ノート)をみる」。【著者情報】(「BOOK」データベースより)西尾維新(ニシオイシン)1981年生まれ。2002年、『クビキリサイクル』で第23回メフィスト賞を受賞し、デビュー。同作に始まる「戯言シリーズ」等の作品で、若い世代から絶大な支持を集める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 小説・エッセイ> 日本の小説> 著者名・な行
さらに詳しい情報はコチラ≫

ギリシア神話の名画を楽しく読む

ギリシア神話の名画を楽しく読むギリシア神話の名画を楽しく読む
1680円(税込)
カラー版 著者:井出洋一郎出版社:中経出版サイズ:単行本ページ数:159p発行年月:2007年08月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)有名な美術館、評判のいい美術展にせっかく足を運んでも、何を描いているのか、さっぱりわからない…。もし、そうだとしたら何とも残念なことではないでしょうか。西洋絵画には、日本人の私たちにとっては馴染みが薄いギリシア神話を題材とした作品が数多くあります。これらの作品は、ギリシア神話の物語をちょっと知っておくだけで、鑑賞の楽しみがグンと広がります。名画を楽しく読めるようになります。本書は、その手助けとなる初心者向け入門書の決定版です。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 オリンポスの神々(オリンポスの神々と巨人族の戦い—大地と天空の神から生まれた神々の骨肉の争い/ゼウス(1)神々の主神—オリンポス十二神の最高神として君臨した/ゼウス(2)アンティオペとダナエ—人間の娘に次々と子どもを産ませる恋多き神 ほか)/第2章 英雄と半神、人類と怪物たち(パン、サテュロスとニンフたち—半神半獣とその子孫が妖精に恋して追いかける/プロメテウスと人類の起源—人間をつくり、ゼウスから守った人類の父/パンドラ—プロメテウスと人間に対するゼウスの悪意の贈り物 ほか)/第3章 冒険と戦い、アレゴリー(アルゴ探検隊(1)イアソンとメデイア—探検隊長と魔女、二人の愛と裏切りの復讐劇/アルゴ探検隊(2)ヒュラスとキルケ—ヘラクレス、オルフェウスら英雄総出演の冒険譚/トロイア戦争(1)発端—美青年パリスと美女ヘレネの略奪婚から始まる戦い ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)井出洋一郎(イデヨウイチロウ)東京純心女子大学教授。上智大学非常勤講師。美術評論家連盟会員。1949年群馬県高崎市に生まれる。上智大学外国語学部フランス語学科卒業。早稲田大学大学院文学研究科博士課程満期退学(西洋美術史専攻)。山梨県立美術館学芸員を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ホビー・スポーツ・美術> 美術> 西洋美術
さらに詳しい情報はコチラ≫

[PR]楽天

花とギリシア神話

花とギリシア神話花とギリシア神話
1835円(税込)
花の図書館 著者:白幡節子出版社:八坂書房サイズ:単行本ページ数:222p発行年月:1992年10月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)地中海に咲いた神話と花の物語。恋する娘が姿を変えたヘリオトロープ、美の女神とともに生まれたバラなど、ギリシア神話のフローラを集めたおはなしの花束。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 オリュンポスの神々の物語/第2章 神と人と妖精たち/第3章 英雄たちの神話この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 宗教・倫理> 宗教学
さらに詳しい情報はコチラ≫

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。