秋田殺人事件

秋田殺人事件秋田殺人事件
619円(税込)
角川文庫 著者:内田康夫出版社:角川書店/角川グループパブリッサイズ:文庫ページ数:368p発行年月:2008年10月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)第三セクター「秋田杉美林センター」の欠陥住宅問題と、県が同社に追加融資した巨額の金の行方に揺れる秋田県。県政のイメージを一新するため副知事に抜擢された望月世津子のもとには、怪しい警告文とともに、謎の焼死事件に関する記事が送られてきた。「やつらにやられた」と言い遺したにもかかわらず自殺とされた死の真相は?世津子の私設秘書として同地に赴いた浅見光彦が政治の闇に鋭く斬り込んだ傑作社会派ミステリー。【著者情報】(「BOOK」データベースより)内田康夫(ウチダヤスオ)東京都出身、現在は軽井沢に在住。1980年、『死者の木霊』を自費出版してデビュー。82年には、浅見光彦が初めて登場する『後鳥羽伝説殺人事件』を上梓。以来、全国を旅して日本人の心の琴線に触れるミステリーを書き続けている。08年3月、第11回日本ミステリー文学大賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 小説・エッセイ> 日本の小説> 著者名・あ行
さらに詳しい情報はコチラ≫

霧越邸殺人事件

霧越邸殺人事件霧越邸殺人事件
899円(税込)
新潮文庫 著者:綾辻行人出版社:新潮社サイズ:文庫ページ数:701p発行年月:1995年02月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)或る晩秋、信州の山深き地で猛吹雪に遭遇した8人の前に突如出現した洋館「霧越邸」。助かった…安堵の声も束の間、外界との連絡が途絶えた邸で、彼らの身にデコラティブな死が次々と訪れる。密室と化したアール・ヌーヴォー調の豪奢な洋館。謎めたい住人たち。ひとり、またひとり—不可思議極まりない状況で起こる連続殺人の犯人は。驚愕の結末が絶賛を浴びた超話題作。この商品の関連ジャンルです。 ・本> 小説・エッセイ> 日本の小説> 著者名・あ行
さらに詳しい情報はコチラ≫

数独パズル殺人事件

数独パズル殺人事件数独パズル殺人事件
892円(税込)
ヴィレッジブックス 著者:シェリー・フレイドント/田口俊樹出版社:ヴィレッジブックスサイズ:文庫ページ数:515p発行年月:2008年01月この著者の新着メールを登録するこの商品の関連ジャンルです。 ・本> 小説・エッセイ> 外国の小説
さらに詳しい情報はコチラ≫

世田谷一家殺人事件

世田谷一家殺人事件世田谷一家殺人事件
1470円(税込)
侵入者たちの告白 著者:齊藤寅出版社:草思社サイズ:単行本ページ数:254p発行年月:2006年06月この著者の新着メールを登録する⇒『この悲しみの意味を知ることができるなら』2006年9月号掲載2000 年12月30日、宮澤みきおさん一家4人が世田谷区内の自宅で殺害された事件の全容を綿密な取材で把握、犯人を特定したノンフィクション。有力な物証が数多く残されていたにもかかわらず、いまだ解決していない殺人事件の記憶の風化を防ぎたいという思いを感じる。(傑)いったい誰が、何の目的で、あの残虐な事件を引き起こしたのか?事件を追い続けたジャーナリストがたどりついたのは、まさに戦慄すべき事実だった??。決定的証拠をもとに、実行犯を特定した衝撃のノンフィクション! この二人の話で非常に重要なのは、彼らがひそかに属しているクリミナル・グループのなかにおいて、仲間が犯した《仕事》は、微に入り細をうがち各地にあるアジトで話している、ということである。これはいわば彼らの掟のようなもので、仕事後の必須の行事なのだそうである。 戦利品を仲間で分けるという話はよく耳にするし、さもありなんと思わせるが、仕事の中身を細部まで発表するという行為は、私にとって非常に奇異に思えた。 しかし、この徹底した掟があったからこそ、私は彼らの仕事がどのようなものであったかを知ることができたのだ。……行方不明の最重要容疑者が、いっときであるにせよ一カ所にいた、というのである。私はこの事実に打ちのめされていた。 彼らは《仕事後》のことだけでなく《仕事前》のことについても、各アジトにおいて綿密なる計画と人選が行なわれる、と話した。「誰が、どのような凶器をもって、どのような手口で、どれくらいの戦利品をもって帰るか、あるときは、仕事場までの経路や逃走路まで打ち合わせする」。キムは、まるで歌でも口ずさむようにそのようなことを証言した。……メーカーが毎日、工場生産品を組み立てるのと同じように、彼らのあいだで凶悪な犯罪が日常的に生み出される、というわけだ。 ……そして彼らは《ある事実》を、じつに淡々とその口から放った。それはいうまでもない、クリミナル・グループによる、世田谷一家殺害事件への全面的な関与であった。                                ??本文より<目次>第1章 膨大な遺留品第2章 クリミナル・グループ第3章 消えたベトナム人第4章 メンバーとの接触第5章 曾根崎風俗嬢殺し第6章 狙われた身元引受人第7章 犯罪ネットワーク第8章 一致した指紋第9章 決定的証言第10章 2000年12月30日第11章 知りすぎた者たち第12章 次のターゲット第13章 写真入手第14章 夜の訪問者この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 社会> 犯罪
さらに詳しい情報はコチラ≫

白馬山荘殺人事件

白馬山荘殺人事件白馬山荘殺人事件
619円(税込)
長編推理小説光文社文庫 著者:東野圭吾出版社:光文社サイズ:文庫ページ数:357p発行年月:1990年04月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)1年前の冬、「マリア様はいつ帰るのか」という言葉を残して自殺した兄・公一の死に疑問を抱く女子大生ナオコは、新友のマコトと兄の死んだ信州白馬のペンション『まざあ・ぐうす』を訪ねた。マザー・グースの唄に秘められた謎。ペンションに隠された過去とは?暗号と密室トリックの謎に挑む、気鋭の本格推理力作。この商品の関連ジャンルです。 ・本> 小説・エッセイ> 日本の小説> 著者名・は行
さらに詳しい情報はコチラ≫

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。