回廊亭殺人事件

回廊亭殺人事件回廊亭殺人事件
539円(税込)
長編推理小説光文社文庫 著者:東野圭吾出版社:光文社サイズ:文庫ページ数:308p発行年月:1994年11月『回廊亭の殺人』改題書この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)一代で財を成した一ケ原高顕が死んだ。妻子を持たない高顕の莫大な財産の相続にあたり、彼の遺言状が一族の前で公開されることになった。公開場所は旅館“回廊亭”。一族の他には、菊代という老婆が招待されていた。だが、菊代の真の目的は、半年前に回廊亭で起きた心中事件の真相を探ることだった…。その夜、第一の殺人が。斬新な趣向を凝らした傑作長編推理。この商品の関連ジャンルです。 ・本> 小説・エッセイ> 日本の小説> 著者名・は行
さらに詳しい情報はコチラ≫

不連続殺人事件改版

不連続殺人事件改版不連続殺人事件改版
539円(税込)
角川文庫 著者:坂口安吾出版社:角川書店/角川グループパブリッサイズ:文庫ページ数:329p発行年月:2006年10月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)戦後間もないある夏、詩人・歌川一馬の招待で、山奥の豪邸に集まったさまざまな男女。作家、詩人、画家、劇作家、女優など、いずれ劣らぬ変人・奇人ぞろい。邸内に異常な愛と憎しみが交錯するうちに、世にも恐るべき、八つの殺人が生まれた!不連続殺人の裏に秘められた悪魔の意図は何か?鬼才安吾が読者に挑んだ不滅のトリック!多くのミステリ作家が絶賛する、日本推理小説史に輝く傑作。第2回探偵作家クラブ賞受賞作。【著者情報】(「BOOK」データベースより)坂口安吾(サカグチアンゴ)明治39年(1906)、新潟生まれ。東洋大学印度哲学科卒業。昭和21年に発表した『堕落論』が反響を呼び、続く『白痴』によって太宰治、織田作之助らとともに新文学の旗手として文壇に特異な地位を築く。昭和30年、脳出血により48歳で急逝(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 小説・エッセイ> 日本の小説> 著者名・さ行
さらに詳しい情報はコチラ≫

実録殺人事件がわかる本

実録殺人事件がわかる本実録殺人事件がわかる本
1365円(税込)
明治・大正・昭和・平成洋泉社mook 著者:柳下毅一郎出版社:洋泉社サイズ:ムックその他ページ数:223p発行年月:2008年06月この著者の新着メールを登録するこの商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 社会> 犯罪
さらに詳しい情報はコチラ≫

朝日殺人事件

朝日殺人事件朝日殺人事件
700円(税込)
講談社文庫 著者:内田康夫出版社:講談社サイズ:文庫ページ数:425p発行年月:2008年08月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)「アサヒのことはよろしく頼みますよ」列車の中でそう話していた男が都内のホテルで殺された。「アサヒ」の意味を追い、浅見光彦は全国各地へ飛ぶ。そんな中、知り合いの雑誌編集者が取材先で殺害される。二つの事件を結ぶ意外な関連性が浮上するが…。真実を追う長い旅路の果てに浅見が見たものとは。【著者情報】(「BOOK」データベースより)内田康夫(ウチダヤスオ)1934年東京都生まれ。CM製作会社の経営をへて、『死者の木霊』でデビュー。名探偵・浅見光彦、信濃のコロンボ・竹村岩男ら大人気キャラクターを生み、ベストセラー作家に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 小説・エッセイ> 日本の小説> 著者名・あ行
さらに詳しい情報はコチラ≫

占星術殺人事件

占星術殺人事件占星術殺人事件
749円(税込)
講談社文庫 著者:島田荘司出版社:講談社サイズ:文庫ページ数:469p発行年月:1987年07月この著者の新着メールを登録するこの商品の関連ジャンルです。 ・本> 小説・エッセイ> 日本の小説> 著者名・さ行
さらに詳しい情報はコチラ≫

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。