江戸の性風俗

江戸の性風俗江戸の性風俗
756円(税込)
笑いと情死のエロス講談社現代新書 著者:氏家幹人出版社:講談社サイズ:新書ページ数:220p発行年月:1998年12月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)猥談に興じ春画を愉しむおおらかな性。男色は輝きを失い恋は色へとうつろう。性愛のかたちから江戸精神史を読みかえる。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 川路家の猥談/第2章 京都慕情—雅びとエロス/第3章 春画の効用/第4章 薬としての男と女/第5章 男色の変容/第6章 肌を許すということ/第7章 恋のゆくえこの商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 民俗> 風俗・習慣
さらに詳しい情報はコチラ≫

篠沢フランス文学講義(2)

篠沢フランス文学講義(2)篠沢フランス文学講義(2)
3150円(税込)
著者:篠沢秀夫出版社:大修館書店サイズ:単行本ページ数:350p発行年月:1980年05月この著者の新着メールを登録するこの商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 文学> 文学史(外国)
さらに詳しい情報はコチラ≫

坊っちゃん殺人事件

坊っちゃん殺人事件坊っちゃん殺人事件
539円(税込)
角川文庫 著者:内田康夫出版社:角川書店/角川グループパブリッサイズ:文庫ページ数:286p発行年月:2003年05月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)浅見家の出来の悪い「坊っちゃん」として肩身の狭い思いをしているぼくは、おふくろの説教から逃れるように漱石や子規の足跡を辿る松山取材に出かける。途中、瀬戸大橋で出逢った「マドンナ」に痴漢と間違われて「イノブタ」警官に睨まれたりしたが、名跡を訪れて文豪たちを偲んだり、内子座で句会を覗いたりするうちに、そんな不快なことも忘れていた。だが、その「マドンナ」が殺され、しかも第一容疑者はぼくらしい—!?名探偵の浅見自身が軽妙に語る文学散歩ミステリー。【著者情報】(「BOOK」データベースより)内田康夫(ウチダヤスオ)東京都出身、現在は軽井沢に在住。1980年、『死者の木霊』を自費出版してデビュー。1982年には、浅見光彦が初めて登場する『後鳥羽伝説殺人事件』を上梓。以来、全国を旅して日本人の心の琴線に触れるミステリーを書き続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 小説・エッセイ> 日本の小説> 著者名・あ行
さらに詳しい情報はコチラ≫

[PR]画像

美濃路殺人事件

美濃路殺人事件美濃路殺人事件
499円(税込)
徳間文庫 著者:内田康夫出版社:徳間書店サイズ:文庫ページ数:251p発行年月:1990年06月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)愛知県犬山市の明治村で、大京物産・管理課長の高桑雅文の死体が発見された。死因は、刺傷による失血死。バッグの中に血染めの京王電鉄の回数券が入っていたが、被害者の血液型とは違っていた。これは、もう一つの別の殺人事件を暗示しているのだろうか!?事件発生時、美濃で和紙の取材をしていた浅見光彦は、テレビに写し出された高桑の顔に見覚えがあった。浅見は現場に赴いた……。長篇旅情ミステリー。この商品の関連ジャンルです。 ・本> 小説・エッセイ> 日本の小説> 著者名・あ行
さらに詳しい情報はコチラ≫

十津川警部五稜郭殺人事件

十津川警部五稜郭殺人事件十津川警部五稜郭殺人事件
519円(税込)
講談社文庫 著者:西村京太郎出版社:講談社サイズ:文庫ページ数:291p発行年月:2008年06月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)東京・四谷のウィークリーマンションで、ひとりの男性の刺殺体が発見された。床には「ゴリョウカクト」という血文字のダイイングメッセージが…。被害者はIT産業の技術者で、函館に新会社設立を計画する「函館新撰組」の中心人物だった。彼が遺した言葉の意味と事件の真相を、十津川は解き明かせるか。この商品の関連ジャンルです。 ・本> 小説・エッセイ> 日本の小説> 著者名・な行
さらに詳しい情報はコチラ≫

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。