性風俗(3)

性風俗(3)性風俗(3)
4282円(税込)
社会編 講座日本風俗史 新装版出版社:雄山閣サイズ:全集・双書ページ数:386,発行年月:1990年01月この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 民俗> 風俗・習慣
さらに詳しい情報はコチラ≫

性風俗写真館(2)

性風俗写真館(2)性風俗写真館(2)
2415円(税込)
赤線・ストリップ時代編 幻の性資料 著者:広岡敬一出版社:イースト・プレスサイズ:単行本ページ数:215p発行年月:2003年10月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)「懐かしき娼婦・ストリッパーたちの艶姿。」東京・吉原、鳩の街、横浜・本牧で春をひさいだ女たちの素顔に迫り、ストリッパーたちの楽屋裏の貴重写真も満載。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 赤線(吉原の街と客待ちの女/年増の売れっ子/はじめての花魁ヌード撮影 ほか)/第2章 ストリップ(浅草ストリップの目玉「入浴ショー」/お正月サービス/女性客招待! ほか)/第3章 世相(街の表情—浅草・銀座・上野・新大久保/日本中が熱狂!/変貌する女性たち ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)広岡敬一(ヒロオカケイイチ)1921年、中国長春市生まれ。1942年、勤務先の満州映画協会からの日本映画技術者養成所留学命令で一時上京。同年11月に学徒動員令による召集で陸軍航空隊に編入。中国各地を転戦後、特攻要員訓練部隊第5練成飛行隊に配属されるが、その経歴から写真班を命じられ突撃することなく終戦。戦後、夕刊紙、女性誌などの記者を経て男性誌の風俗記者に。以来、赤線の女給、ストリッパー、トルコ嬢などを精力的に取材、現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ライフスタイル> 料理> グルメガイド
さらに詳しい情報はコチラ≫

平成性風俗考

平成性風俗考平成性風俗考
816円(税込)
ニッポン快楽商法の底流三一新書 著者:久家巧出版社:三一書房サイズ:新書ページ数:218p発行年月:1995年10月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)足でまとめたニッポン性風俗図。性を売りまくる快人たちと、奇妙なアイデアを生み出す性風俗店の今。ピンサロ、ソープはなぜ衰退しつつあるのか。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 性風俗の変遷/第2章 新性風俗店の沿革/第3章 新性風俗にむらがる女たち/第4章 新性風俗最前線この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 産業> 商業
さらに詳しい情報はコチラ≫

戦後性風俗大系

戦後性風俗大系戦後性風俗大系
670円(税込)
わが女神たち小学館文庫 著者:広岡敬一出版社:小学館サイズ:文庫ページ数:397p発行年月:2007年03月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)戦後の風俗地帯に入り込んだ著者が洋娼・吉原の女・ストリッパー・トルコ嬢たち二七人との文字どおり“裸の付き合い”を描いた交友録である。最初は仕事としてだが、やがて風俗の世界の女性たちに「内側」の人間として認められ、普通なら許されるはずのない六万カットの写真も撮った!厳選された二一三枚はまさに貴重な戦後性風俗の資料である。五〇年以上、体験的レポートを世に送り続けた著者は、その間めぐり会った女性たちを女神と呼ぶ。本書はそうした女神たちへの鎮魂歌(レクイエム)である。【目次】(「BOOK」データベースより)「小町園」のメアリー/鉄拳のオキヨさん/吉原のサチコ/“東京一の名器嬢”ハルミ/横浜・本牧のミツコ/美人予言者の小女姫/伝説のジプシー・ローズ/“元皇族のご落胤”きぬ女史/愛のコリーダ阿部定/吉原終幕直前の明美〔ほか〕この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 民俗> 風俗・習慣
さらに詳しい情報はコチラ≫

昭和平成ニッポン性風俗史

昭和平成ニッポン性風俗史昭和平成ニッポン性風俗史
2100円(税込)
売買春の60年 著者:白川充出版社:展望社(文京区)サイズ:単行本ページ数:274p発行年月:2007年08月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)「好色日本人」はこうして作られた。売買春の戦後史を豊富な資料で検証する。【目次】(「BOOK」データベースより)序章 十歳の個人的事情/第1章 救国と国辱の間—RAAと米兵/第2章 米兵戦いに勝ち、性病に敗れる/第3章 赤線青線白線のあるカオス/第4章 風紀かカネか、悩む日本/第5章 必要悪から社会悪へ—売春防止法の成立/第6章 売春防止法の抜け穴ぶり/第7章 国際交流と売買春/第8章 じゃぱゆき・援交—拝金日本の末路/終章 失ったものは何か【著者情報】(「BOOK」データベースより)白川充(シラカワミツル)1935(昭和10)年生まれ。明治学院大・英文学科卒。講談社で週刊誌、月刊誌、文芸書、文庫の編集に携わったのち退職。雑学倶楽部、日本顔学会、にんげん史研究会に所属。別名朝海猛(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 社会> 犯罪
さらに詳しい情報はコチラ≫

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。