ロシアの神話

ロシアの神話ロシアの神話
2310円(税込)
丸善ブックス 著者:エリザベス・ワーナー/斎藤静代出版社:丸善サイズ:全集・双書ページ数:152,発行年月:2004年02月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)古来の神々とキリスト教を融合させたロシアの人々は、そこからさまざまな伝説や民話を生み出した。日本人の感性に近く、なぜか郷愁を抱かせるロシアの神話を紹介する。【目次】(「BOOK」データベースより)異教の神々/四大元素—水、火、地、気/場所に宿るデーモンと霊/死者とあの世/魔術師/ドラゴンとバーバ・ヤガー【著者情報】(「BOOK」データベースより)斎藤静代(サイトウシズヨ)東京外国語大学英米語学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 宗教・倫理> 宗教学
さらに詳しい情報はコチラ≫

繩文土偶の神話学

繩文土偶の神話学繩文土偶の神話学
1890円(税込)
殺害と再生のアーケオロジーさみっと双書 著者:吉田敦彦出版社:名著刊行会サイズ:単行本ページ数:257p発行年月:1986年04月この著者の新着メールを登録するこの商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 宗教・倫理> 宗教学
さらに詳しい情報はコチラ≫

知識ゼロからの日本神話入門

知識ゼロからの日本神話入門知識ゼロからの日本神話入門
1260円(税込)
著者:武光誠出版社:幻冬舎サイズ:単行本ページ数:158p発行年月:2008年10月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)日本神話に登場する神々は、私たちと同じように怒り、悲しみ、争い、喜び、恋をする。彼らは争い合ったとしても、心の底で「相手と互いに理解し合いたい」と考える。古代の人々は、『古事記』『日本書紀』に記された物語は史実であると考え、神々の教えを大切に守った。私たち現代人も日本神話の価値をもう一度見直す必要があるだろう。『古事記』『日本書紀』をやさしくマンガでダイジェスト。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 天地の始まり(天地初発—天地が分離し、五柱の神が登場/国生み—イザナキとイザナミが交わり、八つの島を生み出す ほか)/第2章 神々の始動(オホナムヂと稲羽の素兎—兎を救い、八十神の怒りを買ったオホナムヂは根の国へ/スサノヲの試練—根の国を訪れたオホナムヂに次々と課されるスサノヲの過酷な試練 ほか)/第3章 英雄の登場(イハレビコの皇后選定—オホモノヌシの御子・イスケヨリヒメと結婚するイハレビコ/タギシミミの謀略—イハレビコの死後、タギシミミは皇位を狙って異母弟たちの殺害を企てる ほか)/第4章 河内の王権(オキナガタラシヒメの新羅遠征—神託を実行し、神の助力を得たヒメは三韓を服属させる/ホムダワケの皇位継承—神々に祝福され、応神天皇として即位するホムダワケ ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)武光誠(タケミツマコト)1950年、山口県防府市生まれ。東京大学大学院国史学専攻博士課程修了。文学博士。明治学院大学教授。日本古代史を専攻し、歴史哲学、比較文化的視野を用いた幅広い観点から日本の思想・文化の研究に取り組む一方、執筆活動を精力的に展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 宗教・倫理> 宗教学
さらに詳しい情報はコチラ≫

桶狭間・信長の「奇襲神話」は嘘だった

桶狭間・信長の「奇襲神話」は嘘だった桶狭間・信長の「奇襲神話」は嘘だった
798円(税込)
信長の戦い1新書y 著者:藤本正行出版社:洋泉社サイズ:新書ページ数:222p発行年月:2008年12月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)一級史料が教える桶狭間の真相。著者が日本で初めて「正面攻撃説」を提唱してから26年。信長の戦術が迂回奇襲でなかったということは、現在ではほぼ定説になっている。しかしこの間、「乱取状態急襲説」をはじめとする数々の新説が登場し、話題になっている。本書では、一級史料の『信長公記』を読み解き、信長が勝利を得るにいたる経緯を改めて論証する。『信長公記』を素直に読めば、正面攻撃で義元を破ったのは明らかなのだ。【目次】(「BOOK」データベースより)第1部 桶狭間の死闘は正面攻撃だった!(『信長公記』が伝える戦いの実相/信長・義元の戦いを総括する)/第2部 戦国合戦の「定説」を疑う(戦国大名の戦いのパターン/今川義元は天下を目指したのか? ほか)/第3部 桶狭間をめぐる「新説」の登場(『甲陽軍鑑』を典拠とした「乱取状態急襲説」/織田軍別働隊による「迂回奇襲説」 ほか)/第4部 「迂回奇襲神話」の誕生と参謀本部(誤った「教訓」を生み出した『日本戦史・桶狭間役』)【著者情報】(「BOOK」データベースより)藤本正行(フジモトマサユキ)1948年東京都生まれ。慶応義塾大学文学部史学科卒業。現在、國學院大學兼任講師。日本軍事史・風俗史専攻。文献・絵画・城郭・甲冑武具研究を集合した独自の歴史研究を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 歴史> 日本史
さらに詳しい情報はコチラ≫

神話の心理学

神話の心理学神話の心理学
1575円(税込)
現代人の生き方のヒント 著者:河合隼雄出版社:大和書房サイズ:単行本ページ数:211p発行年月:2006年07月この著者の新着メールを登録するなぜ、不安や孤独から逃げられないのか。どうして「悪」に手を染めてしまうのか。人間の心の理解に焦点を当てて神話を読むための入門書。親子問題、男女問題など人間心理の深層にメスを入れる1冊。 「生きるための深い知恵を学ぶ素材として、神話がある、と私は思っている。それは、人間存在のもっとも根源的なことにかかわることが、神話に語られているからである」。愛・憎悪・不安・嫉妬…。人が生きる悩みの根本…。第1章 不安や孤独の原因;第2章 ことのはじまり;第3章 「男と女」の深層;第4章 親子に横たわる葛藤;第5章 生きた知恵;第6章 無意識の真実 【内容情報】(「BOOK」データベースより)「生きるための深い知恵を学ぶ素材として、神話がある、と私は思っている。それは、人間存在のもっとも根源的なことにかかわることが、神話に語られているからである」。愛・憎悪・不安・嫉妬…。人が生きる悩みの根本…。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 不安や孤独の原因/第2章 ことのはじまり/第3章 「男と女」の深層/第4章 親子に横たわる葛藤/第5章 生きた知恵/第6章 無意識の真実【著者情報】(「BOOK」データベースより)河合隼雄(カワイハヤオ)1928年、兵庫県に生まれる。1952年、京都大学理学部を卒業。1965年、スイスのユング研究所よりユング派分析家の資格を取得。日本にユング派心理療法を確立した。京都大学名誉教授。臨床心理学者。2002年1月より文化庁長官(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 宗教・倫理> 宗教学
さらに詳しい情報はコチラ≫

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。