イコノエロティシズム

イコノエロティシズムイコノエロティシズム
2625円(税込)
澁澤龍彦美術論集 著者:澁澤龍彦/谷川渥出版社:河出書房新社サイズ:単行本ページ数:242p発行年月:2003年01月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)今まで単行本・文庫本では読むことのできなかった幻のエッセイを中心に斬新な編集でよみがえる全く新しい渋沢龍彦「美術論」の真髄。貴重な図版多数収録。【目次】(「BOOK」データベースより)ポール・デルヴォー/クロヴィス・トルイユ—ネクロフィリアの画家/ピエール・モリニエ—夢魔の画家/序 モリニエ頌/写真家ベルメール—序にかえて/アロイス・ツェトル—動物たちの楽園/ジル・ランボオ—あるいは永遠の裸体について/ロメーン・ブルックス—アンドロギュヌスに憑かれた世紀末/ビザンティンの薄明—あるいはギュスターヴ・モローの偏執/キリコ、反近代主義の亡霊〔ほか〕この商品の関連ジャンルです。 ・本>
さらに詳しい情報はコチラ≫

エロティシズム

エロティシズムエロティシズム
1575円(税込)
ちくま学芸文庫 著者:ジョルジュ・バタイユ/酒井健出版社:筑摩書房サイズ:文庫ページ数:493p発行年月:2004年01月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)労働の発生と組織化、欲望の無制限な発露に対する禁止の体系の成立、そして死をめぐる禁忌…。エロティシズムの衝動は、それらを侵犯して、至高の生へ行き着く。人間が自己の存続を欲している限り、禁止はなくならない。しかしまた人間は、生命の過剰を抑え難く内に抱えてもいる。禁止と侵犯の終りなき相克にバタイユは人間の本質を見ていった。内的体験と普遍経済論の長い思考の渦から生まれ、1957年に刊行された本書によって、エロティシズムは最初にして決定的な光を当てられる。バタイユ新世代の明快な新訳で送る、待望の文庫版バタイユの核心。【目次】(「BOOK」データベースより)第1部 禁止と侵犯(内的体験におけるエロティシズム/死に関係した禁止/生殖に関係した禁止/生殖と死の類縁性/侵犯 ほか)/第2部 エロティシズムに関する諸論文(キンゼイ報告、悪党と労働/サドの至高者/サドと正常な人間/近親婚の謎/神秘主義と肉欲 ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)バタイユ,ジョルジュ(Bataille,Georges)1897‐1962年。20世紀フランスの総合的思想家。第二次大戦前は、美学・考古学誌『ドキュマン』、左翼政治団体“民主共産主義サークル”、宗教的秘密結社“アセファル”などで活躍。大戦中に『無神学大全』(『内的体験』、『有罪者』、『ニーチェについて』)を発表。大戦後は、書評誌『クリティック』を中心に広汎で尖鋭な論陣を張る酒井健(サカイタケシ)1954年、東京生まれ。東京大学文学部仏文科卒業後、同大学大学院に進学。パリ大学でバタイユ論により博士号取得。現在、法政大学文学部教授。著作に『ゴシックとは何か』(サントリー学芸賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 文学> その他
さらに詳しい情報はコチラ≫

エロティシズムの歴史

エロティシズムの歴史エロティシズムの歴史
1995円(税込)
呪われた部分ー普遍経済論の試み:第二巻哲学文庫 著者:ジョルジュ・バタイユ/湯浅博雄出版社:哲学書房サイズ:単行本ページ数:317p発行年月:2001年06月この著者の新着メールを登録する【目次】(「BOOK」データベースより)第1部 序論/第2部 近親婚の禁止/第3部 自然における禁止の対象/第4部 侵犯/第5部 エロティシズムの歴史/第6部 エロティシズムの複合的諸形態/第7部 エピローグ【著者情報】(「BOOK」データベースより)バタイユ,ジョルジュ(Bataille,Georges)1897年フランスのビヨンに生まれる。20年カトリックの信仰を失う。22年パリ国立図書館員。シュルレアリスムに近づくが、後にブルトンと激しく対立。29年「ドキュマン」誌編集長、37年「社会学研究会」を組織、46年「クリティック」誌を創刊して終生編集長に。エロティシズムを核とする思想は『太陽肛門』『眼球譚』『内的体験』『呪われた部分』などの著書を貫いて20世紀の哲学と政治と芸術の領域の基底を襲う衝撃波となった湯浅博雄(ユアサヒロオ)1947年に生まれる。東京大学文学部フランス文学科卒業、パリ第三大学博士課程修了。文学博士。現在は東京大学総合文化研究科・教養学部教授中地義和(ナカジヨシカズ)1952年に生まれる。東京大学教養学部フランス分科卒業、パリ第三大学博士課程修了。文学博士。現在は東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 文学> その他
さらに詳しい情報はコチラ≫

[PR]動画

エロティシズム

エロティシズムエロティシズム
3150円(税込)
ジョルジュ・バタイユ著作集 著者:ジョルジュ・バタイユ/澁澤龍彦出版社:二見書房サイズ:全集・双書ページ数:409p発行年月:1973年04月この著者の新着メールを登録するこの商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 文学> その他
さらに詳しい情報はコチラ≫

エロティシズム

エロティシズムエロティシズム
1522円(税込)
著者:フランチェスコ・アルベローニ/泉典子出版社:中央公論新社サイズ:単行本ページ数:222p発行年月:1991年10月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)男は女にどのような視線で見つめ、女は男の何に魅力を感じるのか。女と男のエロティシズムの違い、性意識の落差を鮮かに解明し、真の融合の可能性を探る世界的ベストセラー。【目次】(「BOOK」データベースより)1 男と女の違い/2 女の夢/3 男の夢/4 混合性愛/5 愛のメカニズム/6 ジレンマこの商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 心理学> 心理学
さらに詳しい情報はコチラ≫

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。