ドイツ・ロマン派全集(第8巻)

ドイツ・ロマン派全集(第8巻)ドイツ・ロマン派全集(第8巻)
5040円(税込)
月下の幻視者 出版社:国書刊行会サイズ:全集・双書ページ数:425p発行年月:1984年03月この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 文学> 文学全集
さらに詳しい情報はコチラ≫

イギリス・ロマン派試論集

イギリス・ロマン派試論集イギリス・ロマン派試論集
5040円(税込)
W・ワーズワスとS・T・コウルリッジ 著者:大友義勝出版社:英宝社サイズ:単行本ページ数:480p発行年月:2002年08月この著者の新着メールを登録する【目次】(「BOOK」データベースより)自然観より見たイギリス・ロマン派出現の知的風土—「存在の鎖」から「個人主義」へ/イギリス・ロマン派の詩人たちの時間意識/イギリス・ロマン派の作家と自伝/「自然」から「人間の心」へ—ワーズワスの人間認識の深化/ワーズワスの「郭公に」と詩人としての危機意識/ワーズワスと自由/ワーズワスの「暗示のオード」/『リルスタンの白雌鹿、またはノートン家の運命』について/Salisbury PlainからGuilt and Sorrowへ/Intellectual LoveとImagination—The Preludeの二つの主題〔ほか〕【著者情報】(「BOOK」データベースより)大友義勝(オオトモヨシカツ)1939年仙台生まれ。1965年東北大学大学院文学研究科(英文学専攻)修士課程修了。専攻は英文学。現在、東北大学大学院国際文化研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 文学> 詩歌・俳諧
さらに詳しい情報はコチラ≫

ドイツ・ロマン派全集(第10巻)

ドイツ・ロマン派全集(第10巻)ドイツ・ロマン派全集(第10巻)
6300円(税込)
ドイツ・ロマン派論考 出版社:国書刊行会サイズ:全集・双書ページ数:523p発行年月:1984年12月この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 文学> 文学全集
さらに詳しい情報はコチラ≫

ドイツ・ロマン派全集(別巻)

ドイツ・ロマン派全集(別巻)ドイツ・ロマン派全集(別巻)
9450円(税込)
ドイツ・ロマン派画集 出版社:国書刊行会サイズ:全集・双書ページ数:155p発行年月:1985年03月この商品の関連ジャンルです。 ・本> ホビー・スポーツ・美術> 美術> 西洋美術
さらに詳しい情報はコチラ≫

ロマン派

ロマン派ロマン派
16310円(税込)
著者:ジャン・クレイ/高階秀爾出版社:中央公論新社サイズ:単行本ページ数:319p発行年月:1990年07月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)ドラクロワ、ゴヤ、ターナーを初め、今まで新古典派を称されてきたダヴィッドやアングルも含め、またこれまでフランス中心に片寄りがちだったロマン派研究をヨーロッパ全域に拡大して考究した世界的名著。主要作品オールカラー356点、参考図版182点。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 平面化—様々な手法によって、絵画は基底材のもつ正面性との結合をめざす。/第2章 線—アラベスクが画面を支配する、やがて身振りと筆致の明確な形跡がそれに代わる。/第3章 不明瞭性—漠然としたもの、不定形のもの、下絵、亡霊のような形象を通して、絵画は観る者の能動的な解釈へと開かれる。/第4章 色彩—色彩は輪郭の線的構造を乱し、示唆的かつ自律的な体系になる。/第5章 アッサンブラージュ—古典主義的統一の解体この商品の関連ジャンルです。 ・本> ホビー・スポーツ・美術> 美術> 西洋美術
さらに詳しい情報はコチラ≫

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。