予告された殺人の記録

予告された殺人の記録予告された殺人の記録
2730円(税込)
著者:ガブリエル・ガルシア・マルケス/野谷文昭出版社:新潮社サイズ:単行本ページ数:349p発行年月:2008年01月この著者の新着メールを登録するなぜ、おれは殺されたのか? 運命という現実。その量り知れぬ全貌に挑む熟成の中篇。人生という奇蹟。その日々の閃光をまざまざと写し出す十二の短篇。【内容情報】(「BOOK」データベースより)町中の誰もが、充分に知っていた。しかも誰もが、他ならぬ犯人たちでさえ、なんとしても阻もうとしていたのだ。その朝、彼が滅多切りにされることを。ただ一人、当の彼だけを除く、誰もが…。運命という現実。その量り知れぬ糸模様の全貌に挑む、熟成の中篇。さらには、人生という日々の奇蹟。その閃光を、異郷に置かれた人間の心に映し出す、鮮烈な十二の短篇。【目次】(「BOOK」データベースより)予告された殺人の記録/十二の遍歴の物語(大統領閣下、よいお旅を/聖女/眠れる美女の飛行/私の夢、貸します/「電話をかけに来ただけなの」/八月の亡霊/悦楽のマリア/毒を盛られた十七人のイギリス人/トラモンターナ/ミセス・フォーブスの幸福な夏/光は水のよう/雪の上に落ちたお前の血の跡)/ラテンアメリカの孤独この商品の関連ジャンルです。 ・本> 小説・エッセイ> 外国の小説
さらに詳しい情報はコチラ≫

大貴族・殺人者・前衛作曲家

大貴族・殺人者・前衛作曲家大貴族・殺人者・前衛作曲家
2730円(税込)
ドン・カルロ・ジェズアルド 著者:水原冬美出版社:草思社サイズ:単行本ページ数:269p発行年月:2000年02月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)ストラヴィンスキイは驚嘆し、ワーグナーはその大胆な和音を借りた。妻殺しの罪におののく異端の作曲家の謎に迫った傑作評伝。【目次】(「BOOK」データベースより)ノルマンの末裔/ヴェノーザの城/ナーポリの支配者/少年カルロ/マリーア・ダヴァロス/惨劇/山上の城/フェルラーラへ/エステの城/エステ家の音楽〔ほか〕この商品の関連ジャンルです。 ・本> エンターテインメント> 音楽> クラシック
さらに詳しい情報はコチラ≫

殺人論

殺人論殺人論
2853円(税込)
クライム・ブックス 著者:小酒井不木出版社:国書刊行会サイズ:単行本ページ数:320p発行年月:1991年10月この著者の新着メールを登録するこの商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 社会> 犯罪
さらに詳しい情報はコチラ≫

特急「あさしお3号」殺人事件(2)

特急「あさしお3号」殺人事件(2)特急「あさしお3号」殺人事件(2)
2940円(税込)
大活字文庫 著者:西村京太郎出版社:大活字サイズ:文庫ページ数:236p発行年月:2004年05月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)京都発城崎行きの特急「あさしお3号」の車内で、十津川警部の友人で作家の沢田功が殺された。事件を追う十津川は、城崎で沢田と会う予定になっていた画家の滝村をマークするが、滝村にはアリバイがあった。「あさしお3号」より早く到着した特急「北近畿5号」から降りる姿が目撃されていたのだ—。【著者情報】(「BOOK」データベースより)西村京太郎(ニシムラキョウタロウ)1930年、東京生まれ。63年『歪んだ朝』で「オール読物」推理小説新人賞、65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞、81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 小説・エッセイ> 日本の小説> 著者名・な行
さらに詳しい情報はコチラ≫

魂の殺人

魂の殺人魂の殺人
2940円(税込)
親は子どもに何をしたか 著者:アリス・ミラー/山下公子出版社:新曜社サイズ:単行本ページ数:379p発行年月:1983年07月この著者の新着メールを登録するこの商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 心理学> 心理学
さらに詳しい情報はコチラ≫

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。