中井英夫作品集(2)

中井英夫作品集(2)中井英夫作品集(2)
5040円(税込)
幻視  著者:中井英夫出版社:三一書房サイズ:全集・双書ページ数:397p発行年月:1987年02月この著者の新着メールを登録するこの商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 文学> 文学全集
さらに詳しい情報はコチラ≫

中井英夫短歌論集

中井英夫短歌論集中井英夫短歌論集
1575円(税込)
現代歌人文庫 著者:中井英夫出版社:国文社サイズ:全集・双書ページ数:187p発行年月:2001年11月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)『虚無への供物』の作家・中井英夫は現代短歌の名伯楽でもあった。中城ふみ子、寺山修司ほか代表的短歌論を網羅。その短歌への愛僧を遺言として福島泰樹に語った「黒鳥の歌」を収録。【目次】(「BOOK」データベースより)黒鳥の歌(冷たい炎/近況報告/黒鳥の歌インタビュー)/現代短歌論(無用者のうた/現代の魔女—葛原妙子小論 ほか)/中城ふみ子と寺山修司(ゴモラの百二十日/死の朝—中城ふみ子追悼 ほか)/遠い潮騒(沼の底の悲鳴/遠い潮騒)【著者情報】(「BOOK」データベースより)中井英夫(ナカイヒデオ)1922年9月17日東京田端に生まれる。49年より「短歌研究」「短歌」編集長を歴任、葛原妙子、塚本邦雄、中城ふみ子、寺山修司、春日井建らを発掘・紹介し“前衛短歌の父”(菱川善夫)とよばれる。後年『黒衣の短歌史』『暗い海辺のイカルスたち』として回想がまとめられた。64年、塔晶夫の筆名で『虚無への供物』を刊行、探偵小説のスタイルを借りた戦後文学の達成として絶賛され、74年『悪夢の骨牌』により泉鏡花賞受賞。彫心鏤骨の文体によって『黒鳥譚』『とらんぷ譚』など幻想耽美の孤高の文学世界を築いた。93年12月10日、肝不全により死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 文学> 詩歌・俳諧
さらに詳しい情報はコチラ≫

中井英夫作品集(4)

中井英夫作品集(4)中井英夫作品集(4)
5040円(税込)
狂気  著者:中井英夫出版社:三一書房サイズ:全集・双書ページ数:416p発行年月:1988年01月この著者の新着メールを登録するこの商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 文学> 文学全集
さらに詳しい情報はコチラ≫

中井英夫全集(9)

中井英夫全集(9)中井英夫全集(9)
2100円(税込)
月蝕領崩壊 創元ライブラリ 著者:中井英夫出版社:東京創元社サイズ:文庫ページ数:850p発行年月:2003年10月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)一九七八年、『月蝕領宣言』を果たした中井英夫。しかし自らの分身とまで呼んだBの発病がAを襲う。八〇年の年代記『LA BATTEE』、北軽井沢での日々『流薔園変幻』、そして愛することと書くことに引き裂かれた作家の生は『月蝕領崩壊』を完成させずにはいられなかった。人間・中井英夫の愛と真実。【目次】(「BOOK」データベースより)月蝕領宣言/LA BATTEE/流薔園変幻/月蝕領崩壊この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 文学> その他
さらに詳しい情報はコチラ≫

中井英夫作品集(3)

中井英夫作品集(3)中井英夫作品集(3)
5040円(税込)
変身  著者:中井英夫出版社:三一書房サイズ:全集・双書ページ数:366p発行年月:1986年06月この著者の新着メールを登録するこの商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 文学> 文学全集
さらに詳しい情報はコチラ≫

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。