荒俣宏の不思議歩記

荒俣宏の不思議歩記荒俣宏の不思議歩記
1995円(税込)
著者:荒俣宏出版社:毎日新聞社サイズ:単行本ページ数:332p発行年月:2004年11月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)アリャマタ、こんなところに珍奇なものが…。荒俣センセが古今東西の「驚き」を求めて奔りまわった日常随筆集。【目次】(「BOOK」データベースより)第1部 荒俣宏の不思議歩記(祖父から孫へ伝わる祭/蜂須賀正氏の有尾人調査/粒の神秘/荷風と山二証券 ほか)/第2部 「驚き」のある日常(二〇〇二年のプロムナード/わが街わが友/好奇心の入口/二〇〇一年の週間日記 ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)荒俣宏(アラマタヒロシ)1947年、東京生まれ。博物学者にして小説家。また神秘学者、翻訳家としても知られる。中学生時代、『世界恐怖小説全集』と出会い、平井呈一に師事する。慶応義塾大学法学部在学中より翻訳活動を開始。大学卒業後しばらくのあいだ日魯漁業でプログラマーとして勤務。退社後、『世界大百科事典』の編集に携わるかたわら、長編小説『帝都物語』を発表し日本SF大賞を受賞、以後小説家としての道を歩む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 小説・エッセイ> エッセイ> エッセイ
さらに詳しい情報はコチラ≫

[PR]動画

荒俣宏の20世紀世界ミステリー遺産

荒俣宏の20世紀世界ミステリー遺産荒俣宏の20世紀世界ミステリー遺産
1995円(税込)
著者:荒俣宏出版社:集英社サイズ:単行本ページ数:349p発行年月:2001年11月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)20世紀は都市文明や科学技術が大きく進歩した時代だったが、同時にひとびとが壮大な「夢」や「幻」を見た時代でもあった。「社会主義国創設者のミイラ」「石原慎太郎のネッシー探検隊」「実在したハリー・ポッターの登場人物」「日本の最終決戦兵器研究所」「シリコンバレーの呪われた館」「UFOの破片」…これは、そんな「20世紀の夢」たちを21世紀へつれてくる、アラマタの集大成的「世界ミステリーツアー」ガイドブックである。【目次】(「BOOK」データベースより)リプレー「信じようと信じまいと」コレクション/ウィンチェスター・ミステリー・ハウス/リリ・エルベの肖像画/アンジェリンの看板/東京大学雪男探検隊/石原慎太郎のネッシー探検隊/オリバー君/フルカネリのサイン/福来博士の念写写真/熊沢天皇/学天則/レーニンのミイラ/ボルネオ島「首狩り族」の復活/ガラパゴス殺人事件/アナタハンの女王蜂/空手/沖縄ロゼッタストーン/与那国海底遺跡/ツチノコの足/ロッズ(スカイフィッシュ)/クロップサークル(ミステリーサークル)/ナスカの地上絵/レイライン/ロズウェルUFOの破片/死海文書/ヴォイニッチ写本/トリノの聖骸布/ピルトダウン人の化石/コティングレーの妖精写真/ミッチェル=ホッジズの水晶ドクロ/中国遺伝学/陸軍登戸研究所【著者情報】(「BOOK」データベースより)荒俣宏(アラマタヒロシ)1947年、東京生まれ。作家・翻訳家・博物学研究家・日本大学大学院教授。日本最強の知識量と好奇心をフル稼動し、「風水」「陰陽道」など数々のブームを起こしてきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 歴史> 世界史
さらに詳しい情報はコチラ≫

【古本】始皇帝暗殺/荒俣宏

【古本】始皇帝暗殺/荒俣宏【古本】始皇帝暗殺/荒俣宏
99円(税込)
作者:荒俣宏初版発刊月:1998年12月文庫小説 約15x10cmISBN:4041690323
さらに詳しい情報はコチラ≫

【古本】帝都物語/藤原カムイ 荒俣宏

【古本】帝都物語/藤原カムイ 荒俣宏【古本】帝都物語/藤原カムイ 荒俣宏
462円(税込)
作者:藤原カムイ 荒俣宏初版発刊月:1988年02月特大版コミック 約21cm以上ISBN:4049260034
さらに詳しい情報はコチラ≫

荒俣宏の不思議歩記

荒俣宏の不思議歩記荒俣宏の不思議歩記
1995円(税込)
著者:荒俣宏出版社:毎日新聞社サイズ:単行本ページ数:332p発行年月:2004年11月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)アリャマタ、こんなところに珍奇なものが…。荒俣センセが古今東西の「驚き」を求めて奔りまわった日常随筆集。【目次】(「BOOK」データベースより)第1部 荒俣宏の不思議歩記(祖父から孫へ伝わる祭/蜂須賀正氏の有尾人調査/粒の神秘/荷風と山二証券 ほか)/第2部 「驚き」のある日常(二〇〇二年のプロムナード/わが街わが友/好奇心の入口/二〇〇一年の週間日記 ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)荒俣宏(アラマタヒロシ)1947年、東京生まれ。博物学者にして小説家。また神秘学者、翻訳家としても知られる。中学生時代、『世界恐怖小説全集』と出会い、平井呈一に師事する。慶応義塾大学法学部在学中より翻訳活動を開始。大学卒業後しばらくのあいだ日魯漁業でプログラマーとして勤務。退社後、『世界大百科事典』の編集に携わるかたわら、長編小説『帝都物語』を発表し日本SF大賞を受賞、以後小説家としての道を歩む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 小説・エッセイ> エッセイ> エッセイ
さらに詳しい情報はコチラ≫

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。