ラファエル前派の世界

ラファエル前派の世界ラファエル前派の世界
2940円(税込)
著者:齊藤貴子出版社:東京書籍サイズ:単行本ページ数:262p発行年月:2005年08月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)「ラファエル前派」はなぜ19世紀中葉の英国に登場したのか。英国画壇と論客ラスキン、社会と宗教の事情、文芸思潮、モデルの女性との恋愛、そして死、知られざる女性芸術家たち…一大芸術運動を推進した画家たちの業績と人間模様をカラー口絵32点ほか、豊富な図版を付して立体的に語る。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 ラファエル前派誕生の背景/第2章 試練と挫折のなかで/第3章 人生の岐路/第4章 運命の女たち/第5章 第二世代の登場/第6章 愛と狂気のはざまで/第7章 もうひとつのラファエル前派【著者情報】(「BOOK」データベースより)斉藤貴子(サイトウタカコ)早稲田大学講師。専門は英文学・英国文化。早稲田大学大学院教育学研究科博士課程満期修了。近年はラファエル前派を中心とした19世紀英国の文学と美術を主たる研究テーマとする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ホビー・スポーツ・美術> 美術> 西洋美術
さらに詳しい情報はコチラ≫

[PR]動画

ラファエル前派

ラファエル前派ラファエル前派
1712円(税込)
アート・ライブラリー 著者:アンドレア・ローズ/谷田博幸出版社:西村書店(新潟)サイズ:単行本ページ数:126p発行年月:1994年05月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)一流の研究者による本格的な作家解説・作品解説。この商品の関連ジャンルです。 ・本> ホビー・スポーツ・美術> 美術> 西洋美術
さらに詳しい情報はコチラ≫

ラファエル前派の夢

ラファエル前派の夢ラファエル前派の夢
3058円(税込)
著者:ティモシー・ヒルトン/岡田隆彦出版社:白水社サイズ:単行本ページ数:213,発行年月:1992年01月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)ロマンティックな構想のなかに結晶させた、少しぎこちない人物像と装飾的な構成、意味ありげな眼差しや身振りの強調…。1848年、絵画の革新をめざしてロセッティ、ハント、ミレーらが結成した「ラファエル前派」運動の全貌を通観する。ヴィクトリア朝イギリスが生んだ若き芸術家たちの美の世界。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 始まり/第2章 同盟/第3章 リアリズムとロマンス/第4章 進展/第5章 労働/第6章 芸術の殿堂/第7章 ベアタ・ベアトリクス/第8章 休止この商品の関連ジャンルです。 ・本> ホビー・スポーツ・美術> 美術> 西洋美術
さらに詳しい情報はコチラ≫

ラファエル前派の女たち

ラファエル前派の女たちラファエル前派の女たち
7140円(税込)
著者:ジャン・マーシュ/蛭川久康出版社:平凡社サイズ:単行本ページ数:545p発行年月:1997年11月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)美に生きた力強き女の群像。ロセッティ、モリスらラファエル前派の芸術家と、モデル・妻・愛人として深く関わった「脅威の美女」たち。その生身の姿を描き、19世紀イギリスの社会構造と女性観を鋭く見透した画期的評伝。【目次】(「BOOK」データベースより)第1部 青春/第2部 結婚/第3部 成熟この商品の関連ジャンルです。 ・本> ホビー・スポーツ・美術> 美術> 西洋美術
さらに詳しい情報はコチラ≫

ロセッティとラファエル前派

ロセッティとラファエル前派ロセッティとラファエル前派
1890円(税込)
Coffee table books 著者:松下由里/木島俊介出版社:六耀社サイズ:単行本ページ数:131p発行年月:2006年12月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)19世紀半ば、ヴィクトリア朝時代のイギリスにセンセーションを呼んだ、若き芸術家集団「ラファエル前派」。その成立から終焉までの全貌を、ロセッティ、ハント、ミレイ、バーン=ジョーンズらの絵画を通して探る、画期的な画集。【目次】(「BOOK」データベースより)序章 ラファエル前派の『芽生え』/第1章 ラファエル前派の成立/第2章 自然主義と心理描写/第3章 第二次ラファエル前派の誕生/第4章 夢をみる女たち/夢にみる女たち【著者情報】(「BOOK」データベースより)松下由里(マツシタユリ)群馬県立館林美術館学芸員。専門は19世紀英国美術。1990年お茶の水女子大学人文科学研究科修士課程修了後群馬県立近代美術館学芸員(1998年まで)。その間「ベン・ニコルソン展」、「印象派展」、「ヨーロッパからの8人」展、「オーブリー・ビアズリー」展等担当。2001年群馬県立館林美術館学芸員となり「開館記念特別展示 自然と人間」、「ニルス=ウド展 自然へ」、「みどりのちから—日本近現代絵画にみる植物の表現」、「植物画の世界」展を経て、2006年特集展示「ロセッティとバーン=ジョーンズ—モリスをめぐる作家たち」等を担当する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ホビー・スポーツ・美術> 美術> 西洋美術
さらに詳しい情報はコチラ≫

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。